性質を良く知って利用|同じ化粧品でも異なる種類が存在するプラセンタ化粧品

同じ化粧品でも異なる種類が存在するプラセンタ化粧品

性質を良く知って利用

スキンケア用品

相性の良くない成分

化粧品の成分として、ヒアルロン酸などが含まれる場合があります。美容成分として知られていて、使用感も良くなります。ビタミンc誘導体を使った化粧品の場合、ヒアルロン酸との相性があまり良くありません。それは、ヒアルロン酸が肌の表面を覆うことで、ビタミンCの浸透力が弱まるからです。せっかくビタミンCの良さを得るのであれば、ヒアルロン酸は控えめのものを選んだ方が良いかもしれません。ビタミンc誘導体はビタミンCの吸収がしやすい分ビタミンCの臭いがします。レモンのようなにおいがしそうですが、実際はすこし独特なにおいがします。ですから、化粧品として使うときに気になる場合があります。事前に臭いをかいで、使えそうなものを選ぶとよいでしょう。

保湿効果はない

化粧品には、肌の保湿を保つための成分が入っていることがあります。それによって潤いを保つことができます。特に乾燥しやすい季節、クーラーの効いたところにいる時には気になります。ビタミンc誘導体を含んだ化粧品を使うときに注意したいのは、この成分自体に保湿能力がないことです。肌に浸透することを期待しますが、ビタミンc誘導体のみだと乾燥した感覚になるかもしれません。そこで、使った後に保湿効果のあるものを使うとどちらの効果も得ることができます。また、両方の成分が入っているものを選ぶことがあります。乾燥していない季節であればあまり気にする必要はありませんが、乾燥が気になる時には、中の成分を見て購入すると失敗がありません。